衛生管理

衛生管理の基本は個人衛生管理 従業員一人ひとりの意識の徹底を第一に。

私たちの業務で第一に求められるのは、衛生管理面での徹底です。調理に従事する人の健康と清潔はもちろん、設備や器材の入念な清掃、食器の管理、食材の保管から取扱い、その処理に至るまで、私たちは毎日の点検事項として、厳しくチェックしております。さらに、管理責任者が定期的に各現場を巡回するなど、”慎重の上にも慎重に”を合言葉に、万全の体制で臨んでおります。HACCPシステムを取り入れ事前に危害分析を実施しております。その内容の教育を行う階層別研修を行っております。各自治体の仕様書を基本に学校給食法・学校給食衛生管理の基準や厚生労働省の大量調理施設衛生管理マニュアル、文部科学省の学校給食調理場における手洗いマニュアル・調理場における洗浄・消毒マニュアルPart1.2を基に当社が作成した安全衛生管理マニュアルにより繰り返しの安全衛生教育をすると共に、毎月の会議で衛生知識の向上に努めております。 
安全衛生マニュアルに関しては常に最新に更新し、教育指導を徹底しております。
全従事者の健康管理や衛生に対する意識の徹底を基本としております。
独自で業務月報HACCP運営点検表の提出、各学校毎の防災チェック表の記入を義務づけております。緊急の衛生・危機管理の情報をいち早く入手し、ipad/タブレット・FAXを使い業務連絡を送付し的確な指導をしております。 
 定期的な衛生管理会議や講習会、従業員の健康診断や面談などを通じて、常に全スタッフの意識の向上を図っております。 各種マニュアルを社員で一丸となり作成し講習会を重ね実務に反映できるよう徹底しております。

文部科学省発行 マニュアル

社内作成マニュアル

現場社員に任せるだけでなく、本社あげてのバックアップ態勢を充分に取る事を心掛けております。

  • 統括係長・マネージャーが各施設に月1以上定期巡回を基本指導としております。

訪問の際は施設管理者・栄養士に挨拶させていただきます。
その後栄養士(栄養教諭・栄養職員)と打合せ、給食室内に立ち入り検査・指導を行います。場合によって休憩室で指導を行います。調理室では作業が的確に実施されているか状況把握を致し、従事者全員に周知徹底させております。
 指導内容として各自治体の仕様書に基づき当社独自の衛生管理マニュアルを作成し、統一した指導を行っております。
 現場巡回時に衛生指導(ドライ運用・作業工程表・動線図・汚染、非汚染の区別等)・抜き打ちでの自主衛生検査【手指・検査場所(ブドウ球菌・大腸菌・腸炎ビブリオ)】、ATP検査、手洗いブラックライト検査、更に次亜塩素酸希釈検査・残留澱粉等食器洗浄検査もしております。
 
 衛生管理はもとより各施設にあったドライ運用が行われているか多くの職場で得た知識とアイディアを基に職場で指導を行っております。机上の空論にならないよう職場の状況を把握した上でなお一層衛生安全が高まる指導を行っております。又、学校側の意向が的確に完遂できているか、コミュニケーションが取れているか確認をしております。
社外衛生監視員として町田予防衛生研究所、東京サラヤ株式会社食品衛生サポート部・(財)東京保健会所属 薬剤師、衛生検査技師、第一種衛生管理者の有資格者が外部指導員として管理しています。(毎月1回程度各学校に巡回していただき外部指導を受けております。)